町田市民病院看護師募集サイト

町田市民病院看護師募集サイト

HOME > 教育体制

教育体制

教育体制

教育体制

教育方針

1. 専門職として自律に向けたキャリア形成を支援する
2. 集合教育と分散教育をリンクさせ、臨床看護実践能力を高める
3. 個々の専門的能力の向上と役割が発揮できる環境を整える
4. 「協育」を通して相互に啓発しあう風土を構築する

教育理念“協育”

看護職員のキャリアアップを支援し、二次救急・地域中核医療を支える人材を育成する。

院内学習会の充実

当院では医療の質の向上、職員の共通認識の場として各部門や委員会・認定看護師主催の学習会を開催しています。特に患者様に安全な医療を提供するために行われている医療安全対策の『危険予知トレーニング』があります。安全ハンドブックを携帯し、一人ひとりがマニュアルに沿って実践できているか再認識できる貴重な機会となっており、毎年全職員が参加しています。
医療安全の基本を遵守することの重要性を再学習できます。

新人看護職員研修の特徴

教育委員会が中心となり、定期的な集合研修を開催します。看護実践に必要な基本姿勢・技術・管理の習得をナーシングスキル、シミュレーション学習を中心にすすめていきます。また、同期との情報交換・相談などができる貴重な時間も設けています。各部署では教育担当者が中心となり、専門職業人として成長できるよう部署全体で支援します。

卒後研修

職員一人ひとりが町田市民病院の看護理念を実践できるよう、継続教育を意識した研修プログラムを運営しています。
また、看護の専門職業人としての役割遂行力を高められるよう新人ナースからエキスパートナースへと段階を踏んだ臨床看護の実践能力を育成していきます。

教育担当者

看護実践モデルとなる能力を持ち、部署内での教育的役割を担っています。
自部署の新人看護職員への教育プログラムの計画・指導を中心におこない、
一人ひとりを支えていく柱となります。
頼れる先輩であり、何でも相談できます。

クリニカルラダー教育

新人看護職員年間研修プログラムと到達目標

院内研修 年間計画一覧

フォトライブラリー


TOP