町田市民病院看護師募集サイト

町田市民病院看護師募集サイト

HOME > スペシャリスト

スペシャリスト

スペシャリスト

スペシャリスト

がん看護専門看護師 武井邦夫

がんは慢性疾患として位置づけられるようになってきています。しかし多くの患者や家族の皆様はがんと向き合う際に不安や恐怖を抱えると思います。私は患者や家族の皆様が「がんとともに生活していく」「不安を少なくし、安心して生活する」ことが出来るように一緒に考えています。そして看護師の皆様が患者や家族との関わりの中で感じる困難に対しても一緒に考えていきたいと思います。

感染管理認定看護師 畔柳なほ江

「病院内にいるすべての人を感染から守る」という目標のもとICT(インフェクションコントロールチーム)が中心となり院内感染防止に努めています。感染防止は様々な職種が一つのチームとなって取り組む必要があります。患者さんの一番近くにいる看護師が感染対策を「理解」し、「実践」できるそして「説明」できる看護師を目指していきます。

集中ケア認定看護師 小林奈美

年々高まる重症度の中、安全で良質な看護を提供するためには幅広い知識や高度な技術が必要です。病気によって引き起こされている病態に着眼し、今発信しているサインをキャッチした適切な対応が求められます。常に尊い命に関わるスペシャリストとして自覚を持ち、最善の方法を考え行動しています。その人が持つ「生きる力」と「らしさ」を最大限引き出せるように努め、急性期を脱した後も、継続看護を実現できるように病棟間の垣根を越えた活動を目指しています。

糖尿病看護認定看護師 横内砂織

糖尿病看護認定看護師は1~2日/週フットケアと療養相談の看護外来。また、院内に糖尿病チームがあり、糖尿病教育入院を担当しています。チームは医師・栄養士・薬剤師・理学療法士の他、臨床心理士、歯科衛生士も居り豊かな視点で患者様の支援をしています。年に一回は市民・患者様向けに糖尿病イベントを開くなど充実した活動ができます。生活の中で悩みながら糖尿病と向き合う人に寄り添うことが役割で、「また相談にのって」と言われると充実感を感じます。

糖尿病看護認定看護師 内山弓子

糖尿病は自己管理が必要とされる慢性疾患です。しかし「生活習慣病」というマイナスのイメージや、インスリン自己注射などによる療養生活上の負担により、必要以上の我慢や辛い思いをしている患者さんも少なくありません。そのような患者さんの側で「応援したい!」と思ったことが糖尿病看護認定看護師を目指した最初の理由でした。患者さんが「糖尿病と共にその人らしく生きる」より良い療養支援を目指しています。

認知症看護認定看護師 平田真由美

当院の65歳以上の高齢者の入院患者数は、3年間で1.3倍と増加しています。2025年度問題を見据えて、2年前から高齢者ケアプロジェクトを立ち上げ急性期病院で働く看護職の高齢者や認知症のある方に対する捉え方を高齢者体験や学習会などを通して学び続けています。高齢者や認知症のある方が安心して急性期医療を受けられるように、医療チームで協働し、看護を通して伝えています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 平林祐子

私の役割は褥瘡などの創傷・ストーマ・失禁管理について専門的なケアを提供することです。現在は週2回のストーマ外来、週1回の褥瘡回診、週1回の院内ラウンドを行い、ケアの提供と看護スタッフの相談を受けています。1日でもはやく創傷が治癒するように、またスキントラブルが起こらないように医師やコメディカル、看護スタッフと取り組んでいます。患者さんから「また診に来てね」「傷がよくなった!」と言われるとやりがいを感じています。

がん化学療法看護認定看護師 城知子

外来化学療法センターにおける看護実践、病棟ラウンド、看護相談外来、学習会の開催、医療スタッフからの相談への対応など、院内外で活動を行っています。活動を通して、患者・家族の笑顔と感謝、医療スタッフからの信頼が得られてきたことに、とてもやりがいを感じています。スキルアップを目指せる環境であり、様々な分野の専門・認定看護師もリソースとして活躍しています。

緩和ケア認定看護師 山口綾子

人は病に直面しても自分らしく生きる力を持っています。そんな患者さんと家族を応援する力を養いたいと思い、緩和ケア認定看護師を志しました。現在は、緩和ケア病棟に所属しながら、組織横断的に活動しています。私が大切にしていることは「生きる力に働きかけるケア」です。苦難に寄り添い、思いを共感し、つらさを和らげ、個々の望みが叶うようにチームアプローチを展開します。

緩和ケア認定看護師 酒井由紀子

緩和ケア認定活動は、今後、地域へも活動を広げていくことが求められています。
大切にしていることは「その人らしく生きる」を支えるために、知識(頭)・技術(体)・資質(心)を用いてケアをする「使命感」です。また、多職種とのチームワークがケアの質を高めます。患者さんの辛さが和らぎ、笑顔を見せてくれた時にやりがいを感じます。

救急看護認定看護師 藤岡孝治

救急患者は、時と場所を選ばず発生するため、救急看護はあらゆる場面で行われます。看護の対象も多種多様であり、地域属性や生活背景に考慮した看護展開が重要です。生命の危機的状況にある患者の緊急度と重症度を判断し、予測性をもった看護実践を行い、患者さんに限らず、家族支援にも力を入れています。救急医療の場で、患者・家族が満足できるチーム医療を展開し、地域で安心した生活を続けるための救急看護を実践しています。

小児救急看護認定看護師 長谷川みゆき

小児救急看護は、急な病気やケガで不安を抱える子どもとその家族にとって最善を考えた看護を提供する役割があります。子どもの病態に対し緊急度の判断や適切な救急処置、発達段階に応じた子どものサインに気づきケアをしています。
また、家族の子育て支援の活動として、産褥の退院指導や一ケ月健診でママとの相談の場を早期から築き、子どもの健やかな成長発達の為に子どもと家族を含めたサポートをしています。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師 上林美智子

慢性呼吸器疾患の患者さんは息苦しさを中心とした症状を抱えながら生活することを余儀なくされます。『病気を抱えながらも自分らしくいきいき生活できるように支援すること』を大切に日々活動に取り組んでいます。呼吸機能を評価し、生活全体を捉え、維持・向上のためのケアやより良い生活方法を患者さんやご家族、また他部門と協働して一緒に考えながらチームで支援し看護を展開します。患者さんに寄り添い笑顔が見えるケアを目指しています。

手術看護認定看護師 永田今日子

高齢化が進むなかで、当院では乳児から100歳近い後期高齢者までの様々な手術患者様を受け入れています。また、市民病院として口腔外科から心臓血管外科の開胸手術までと全ての科の手術に対応することが手術室看護師に求められています。私達は、手術看護認定看護師として、手術チームそれぞれのメンバーが専門性を発揮し、手術患者様の手術侵襲が最小限となり、患者様やその家族が安心・安全に手術を受けることができるように看護を実践しています。

救急看護認定看護師 寺本俊

救急看護の対象は疾患や発達段階を問わず、様々な状況下で突発的に発生します。そのため、限られた情報の中、迅速で適切な判断と対応が求められます。顕在化している急性症状だけでなく身体内部で起きている徴候を捉え、重篤化を回避することが必要です。また、救急初療・集中治療の急性期から一人の患者を生活者として捉え、社会復帰や在宅医療を見据えた継続的な看護ができるように努めています。多職種との連携を図り、多角的な視点でより質の高い看護実践を目指しています。

手術看護認定看護師 蛭川学

手術を受ける患者さんは乳児から高齢者まで幅広く、当院では外科をはじめ11科が手術を行っています。手術室看護は、手術中に留まらず術前・術後を含めて患者さんに看護を提供しています。対象はとても広いですが全ての患者さんに対応できることが手術室看護の魅力です。認定看護師として手術看護に関する情報提供や相談役として活動していきたいと考えています。


TOP